Newsed Tech

故障前のサインが出たら即交換、故障前交換サービスの中古スマホ「NewsedPhone(ニューズドフォン)」販売を開始

「1.5市場で未来を拓く」をミッションに掲げる株式会社ニューズドテック(旧:株式会社携帯市場、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:粟津浜一、以下、ニューズドテック)は、2022年3月30日15時より、自社開発したスマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」で“故障前のサイン”(※)が出たら即交換手続きが可能となる、故障前交換サービス「NewsedPhone(ニューズドフォン)」の販売を自社公式ウェブサイトより先行販売を開始します。価格は端末の販売価格に月額費用を追加する、いわゆるサブスクリプションモデルで、将来はニューズドテックが提供する全て(個人・法人問わず)の中古スマホ、中古タブレットを対象とし、スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」をアクティベート(IMEI連携)することで保証対象となるサービスを展開していきます。
(※)スマホカルテの診断項目をサインと定義しています。

newsedphone公式サイト
「NewsedPhone(ニューズドフォン)」の画面イメージ(PC版)

「NewsedPhone(ニューズドフォン)」自社公式通販サイト:
https://www.newsedphone.com/

■故障する前に交換サービスが利用できる、全く新しい安心サービス「NewsedPhone(ニューズドフォン)」

 これまで一般的なスマホ等の電子機器保証サービスとは、「壊れた場合」を想定し、保険や補償で賄うものが一般的です。ニューズドテックが提供する保証は、壊れる前から交換の責任を持つといった、これまでに無い考えで提供するものであり、中古携帯に対して根強く残る消費者の不安を払しょくするために開発したサービスです。「中古スマホの利用が進まない原因は、いつ故障するか分からない。バッテリーが悪そう。そして保証がないのではないか。この3点でした。この3点を克服しない限り、限界を突破しない限り、中古スマホ業界は次のステージへ進めない。そう考えて、スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」を開発し、そのアプリをアクティベートされた「NewsedPhone(ニューズドフォン)」を販売するに至ったのです」(株式会社ニューズドテック代表・粟津浜一)。
 自社アンケート調査(2021年12月、2022年2月、2回実施、インターネット調査、20代~60代、N300、N500)によると、スマホ・タブレットの買い替え要因で7割を超えるのが「バッテリー劣化」「フリーズして動かなくなった」でした。また「買い替えのタイミングはいつか」という問に対して「調子が悪い」と感じた時がタイミングと答えた方が4割という結果でした。「調子が悪いと感じた時、大抵の方は、再起動をし、それでもだめなら自分で調べる、人へ聞いたりする。対処の方法が分からない場合は“ほったらかし”にすることが大半でした」(株式会社ニューズドテック代表・粟津浜一)とある通り、この“ほったらかし”にするならばスマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」で診断をし、故障のサインが表示(項目)された場合に専用フォームより交換手続きが可能となる故障前交換サービス「NewsedPhone(ニューズドフォン)」を提供することで、故障を未然に防ぎ結果、安心してスマホをご利用いただける環境を整えました。

■スマホのゴミを増やさない!スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」とは

スマホカルテトップ画面
「スマホカルテ」は「NewsedPhone(ニューズドフォン)」にプリインストールされている

  ニューズドテックは、2021年よりスマホの故障診断が可能なアプリ「スマホカルテ」の開発に着手、を独自でアプリ開発をおこないました。iPhone、android端末を対象(iOS : 12.0 以上、Android : 9.0 以上、基本無料)とし、端末の劣化につながるといわれる最大24項目、androidでは最大27項目をチェックできる機能を有しています。これまでにもスマホ診断チェックのアプリは存在しますが、ニューズドテックが提供するアプリは「バッテリー診断」をし「バッテリー劣化予測グラフ」(5月以降、一部有料化)を表示させることができるため、買い替え時期を事前に認知することができる点が特徴の一つです。またIMEI(端末識別番号)など必要な情報をプロフィール登録し、診断テストを行うことで保証サービスを受けることが可能となります。「故障の原因、内部の故障、バッテリーの負担に気付くことが、最終的にはお客様のストレス軽減、コストの低減にもつながります。故障端末を減らすことはスマホのゴミを減らすことに繋がるため、「スマホカルテ」の利用を増やすことが、持続可能な社会の実現に貢献できると我が社は考えています」(株式会社ニューズドテック代表・粟津浜一)。
 スマホ故障診断アプリ「スマホカルテ」は現在、保証付き中古スマホ「NewsedPhone(ニューズドフォン)」にプリインストールされた状態で出荷・提供されており、同年5月末までにはアプリストア「APP Store」、「Google Play」でもダウンロード可能となります。

■中古スマホの認知拡大へ。日本女子カーリングチーム「フォルティウス」との取り組みについて

 ニューズドテックは、令和4年2月をもって社名変更(旧:株式会社携帯市場)をし、同月に日本女子カーリングチーム「フォルティウス」のトップスポンサーに提携いたしました。中古スマホ業界の課題を解決し、新しい顧客を創造することを目標に掲げて進む我が社にとって、カーリング業界をけん引してきた「フォルティウス」のこれからのチャレンジに期待しております。「より強くなりたい。そういう思いが我々と同じでした。一緒に世界を目指したい。そう感じたのです。世界に沢山の強豪がいます。海外遠征が多い競技でもあります。選手たちの海外での課題が「携帯電話」でした。海外における通信の不安があると選手からもうかがっており、そういったインフラ面でもフォルティウスを支えていきたいと思います。また、選手の皆様と一緒に新サービス「スマホカルテ」、「NewsedPhone(ニューズドフォン)」の利用促進を図り、スポーツ業界にも中古スマホの認知、利用に繋がるように努めていきたいと考えております」(株式会社ニューズドテック代表・粟津浜一)。

■「NewsedPhone(ニューズドフォン)」について

ニューズドフォンの販売画面イメージ
ニューズドフォンは専用ウェブサイトから購入可能

購入方法:専用サイトで購入可能
決済方法:クレジット決済のみ
契約期間:2年間
・初回登録料(税込3,300円)
・月額費用(税込300円~)※端末代金に依存
 ※端末の購入代金が別途発生します。 
 ※アプリ「スマホカルテ」は基本無料。
 ※契約期間は2年間。交換時に再登録、解約を選択。途中解約も可。
 ※2年間満了時はアプリ経由で無償交換をお知らせ。交換可能は25か月目の1ヶ月間。
  ※交換可能期間を超過した場合、無償交換の権利のためにそのまま継続も可能(交換条件は2年間の契約期間に準ずる)。
 ※交換端末は原則同一機種。在庫に依存、無い場合は同等機種。
 ※2年以内に交換が発生する場合は、一部自己負担金が発生。
  2年間交換が無い場合費用発生せず。
 ※交換回数は1回まで。

故障前に交換可能な保証サービス「ニューズドフォン」はこちら

■日本女子カーリングチーム「フォルティウス」について

運営会社:株式会社PASSPORT
代表者:代表取締役 松井浩二
チーム設立:2011年4月
所在地:北海道札幌市中央区南2条西24丁目2-17 河村ビル2F
PLAYER:船山 弓枝/近江谷 杏菜/小野寺 佳歩/吉村 紗也香/小林 未奈
COACH、TRAINER/コナー・ネゴヴァン/松井 浩二/高橋 小夜利/赤川 詩織/仁井 有介
フォルティウス公式サイト:https://www.fortius.jp/
フォルティウス公式ツイッター:https://twitter.com/h_fortius

■株式会社ニューズドテックについて

企業名:株式会社ニューズドテック(2022年2月17日より、旧:株式会社携帯市場)
代表者:代表取締役社長CEO 粟津浜一
創立:2009年1月
所在地:東京都千代田区神田神保町1-1-17東京堂神保町第3ビルディング6F
事業内容:デバイス再生事業(中古デバイスの売買、レンタル、修理等)、保証サービス事業(スマホ故障診断アプリ『スマホカルテ』の提供、故障前保証付き中古スマホ『NewsedPhone(ニューズドフォン)』の販売、故障後保証サービス『NewsedCare(ニューズドケア)』の販売)
従業員数:69名(パートアルバイトも含む、2022年3月30日時点)
ミッション:1.5市場で未来を拓く
ニューズドテック・コーポレートサイト:https://newsedtech.co.jp/

FacebookTwitterLinkedInRedditPinterest
newsedphone公式サイト

ニュースレター

NewsedTech(ニューズドテック)の最新情報やプレスリリース情報、サービスのキャンペーン等をお知らせします。

このメールアドレスで登録いたします。
宜しければ登録ボタンを押してください。


プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

最新ニュース